30代会社員、研究者になりたい!

人生をかけて取り組みたいテーマに向き合い、取り組む私のライフワークログ。

研究者の定義と探求テーマ案その1

仕事帰りの電車にて、改めて研究者の定義を確認してみる。

 

 

研究者と検索しても出てこなくて、学者について、ウィキペディアから引用。

 

学者(がくしゃ)とは、何らかの学問の研究や教授を専門職とする人[1]、およびその職業人の総称である。研究者(けんきゅうしゃ)とも言う。学問の専門家。

 

広辞苑大辞林も調べてみたが、研究者は掲載されていなかった。

 

研究の意味:

 

よく調べ考えて真理をきわめること。

 

こちらはなるほど、シンプルだけど、そういうことなのかと改めて思う。

 

私のやりたいことは、研究であることは間違いないなと再確認できた。

 

しかし、学者は、専門職としている、もしくは職業人であることが必要条件と。

 

 

すなわち、研究で、お金をもらっていないと学者(=研究者)とは言えないと言うことが読みとれた。

 

 

でも、私はお金をもらわない研究だって、職業ではない自主研究だって、立派な研究だと思う。

 

 

心から好きで、何かに束縛されることもなく自由にやっているからこそ、真理を発見することはあり得ると思う。

 

 

広辞苑に盾突くつもりはなかったが、あまりに狭義ではないか。

 

 

もちろん、研究をし、真理を探求することがいかに大変で困難で苦しいことかは、曲がりなりにも大学を出ているので研究に携わり病んでいく人達を見て分かっているつもりだ。

 

 

決してなめているわけではないことは、分かってほしい。

 

 

だけど、勝手にチャレンジしてはいけないとは誰も規定していない。

 

しかしあたりを見渡しても、研究者ではないのに研究している人なんて、見当たらない。

 

なぜだろう。

 

 

一方で、職業ではない形で研究をし、何かの真理を見つけ証明した人というのは世の中にいるのではないか?

 

 

調べて見る価値はあると思う。

 

 

文系分野と理系分野では事情は異なると思われるが、私は文系なので文系の研究というものについて、もう少し理解を深めるところから始めたい。

 

 

この時点で書いていて分かったこと。

 

 

★探求したいテーマその1

 

この世界に職業としてではない研究から真理を見つけ証明に成功した事例があるのか、文系分野に特化して明らかにしたい。

 

★このテーマの意義

 

もし、過去にいくつかの事例があれば、今後、ライフワークや副業としての研究、という選択肢を世の中に提唱できる。

 

それにより、あらゆる世代での生きがいの創出や、研究結果の増加により日本の発展に貢献できる可能性が出てくる。

 

 

本日はここまで。

 

 

2019.6.24 帰りの通勤電車にて。